スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2014.02.02(日)

『20-20』ナンバープレート

何やら 面白そうなニュース

2020

2020年の東京五輪・パラリンピックを記念した自動車用の特別ナンバープレートが
来年中に全国で発行される見通しとなったそうですw

政府は 2020年度までの期間限定で
五輪マークや 富士山などの 日本を象徴するデザインを盛り込んだ
カラフルな特別プレートを作り 希望者が取得できるようにするということ・・・

交付代金の一部を基金に積み立て 五輪に向けた交通サービスの向上に充てることも
計画しているそうで・・・

本来 自動車のナンバープレートに数字や文字以外のデザインを使うことは
国土交通省令で禁止されているそうですが・・・
五輪ムードを盛り上げるため 省令を改正し 例外扱いとするそうですw

2020年の 東京五輪終了で発行をやめるそうですが 
交付した特別プレートは継続して使えるようにするということ・・・

計画では 1999年から全国で導入されている
「希望番号制度」を活用し 五輪特別プレートの交付事業を行うそうで・・・

希望者はプレートの交付手数料とともに
数百円程度の寄付金を支払い
特別プレートの交付を受けることができるという流れ

既に所有している自動車のプレートを 
特別プレートに付け替えることも可能ということなので・・・


局長:こんぺいとうの 愛車 CX-5 のナンバーが
考えに 考え抜いて 2年前の2012年に 「20-20」としておりますw
※ CX-5  ⇒ 4 × 5 = 「20」だから・・・
※ 広島の精密機械 北別府が 背番号「20」だったから・・・
ペイ様


という理由で・・・

これは その時が来たら やるしかないですね!!
今後の動向に注目ですw


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
│posted at 00:36:48│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.02.07(木)

今回 イノシシが出てきます

昨日のつづき・・・

高知に1泊した翌日は・・・

行程

高知駅前からスタート
高知駅前1
現在 高知駅前は 
武市半平太像
坂本龍馬像
中岡慎太郎像
が立っているのですが・・・

あれっ??
高知駅前2
肝心の 坂本龍馬像は 「只今、脱藩中」でした・・・

かと思ったら・・・
高知駅前3
こんなことしてる人がいましたよ(笑)
あとで 立ち寄った 道の駅でたまたま発見したのですが・・・

六人衆1
高知県には「土佐おもてなし勤王党」
通称「もて勤六人衆」という
(たのきんトリオ的な?)
たのきん

ご当地アイドルグループがあるそうで・・・

六人衆2
その中で 中岡慎太郎として活躍されている方だったみたいですw


つづいて 太平洋沿いをドライブ
サント1
一度は泊まってみたい 『Villa Santorini』
高知県土佐市宇佐町竜599番地6
まで行ってみました。

サント2
海が綺麗に見渡せる絶好のロケーション

サント3
エーゲ海を感じさせる 異国情緒たっぷりのリゾートホテルですw

サント
夜はこんな感じだそうですw


なんと ここで・・・
イノシシ
大きなイノシシに遭遇(鎖付き)
まさか・・・鍋とかに・・・

見なかったことにして 次に進みます
武市
誰にも気づかれないような公園に 武市半平太の銅像がありました

武市半平太とは、土佐藩の武士で、
坂本龍馬とは遠縁にあたる。

優れた剣術家であったが、
黒船来航以降の時勢の動揺を受けて攘夷と挙藩勤王を掲げる土佐勤王党を結成

参政吉田東洋を暗殺して藩論を尊王攘夷に転換させることに成功した

京都と江戸での国事周旋によって一時は藩論を主導し、
京洛における尊皇攘夷運動の中心的役割を担ったが、
八月十八日の政変により政局が一変すると
前藩主・山内容堂によって投獄され
切腹を命じられ、土佐勤王党は壊滅

という人物

武市半平太の歴史を勉強したところで・・・
帽子パン
高知名物「帽子パン」を実食
基本的にはメロンパンの味でした


次回へつづく
この旅もいよいよ大詰め!!
次回 パワースポットもでてきます!
スレッドテーマ:国内旅行 ジャンル:旅行
│posted at 01:10:30│ コメント 2件トラックバック 0件
2013.02.06(水)

ルート55

仕事で2連休(メモリアル休暇)が取れましたので・・・
少し遅めのスタートで 

1日目行程

お昼過ぎに 松山をスタート
一路 徳島県 徳島市に向かいました

眉山
国道55号線
徳島県徳島市から室戸市を経由して高知県高知市へ至る一般国道です
今回は 国道55号線走破を目指します!!

旅の目的は・・・
なんとなく「厄払い」
別に「厄年」ではないのですが・・・

薬王寺

そこで到着したのが
徳島県美波町の『薬王寺』
この美波町は 2009年の朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』の舞台となった街

到着したのが 午後3時過ぎくらいでしたので・・・
ほとんど 人もいない状態。。。

薬王寺の境内には、石段の「厄坂」があります。
33段の女厄坂、
女坂
42段の男厄坂、
男坂

61段の男女厄坂があり、
男女の厄年にちなんで造られたものだそうですw

階段に一段ずつお賽銭(1円玉や5円玉など)を供え、
厄除けを祈念しながらのぼると、
厄流しになるといわれているということで・・・

棒銭
「1円玉」を購入

1円
なんとなく 祈願しながら 階段を登っていきますw

美波
境内から見渡せる 美波町の景色です

テヘヘ
「テヘヘ小坊主」も発見!!

特にそれ以上の盛り上がりもなく 下山しました・・・


下界に降りてみると・・・
ぬくいんじょ
こんなポスターを発見
春には桜が綺麗みたいですw

足湯
なんと 無料「足湯」を発見!!

しかも・・・
ガチャ
「足湯のタオル」(おみくじ付き)
薬王寺のおみくじがついた タオルもガチャガチャで販売されていました

ガチャみくじ
当然購入
「ぬくいんじょ」
足湯で旅の疲れを癒しますw

ってのんびりしてたら 日が暮れてきました・・・
室戸2
室戸岬に到着した時には・・・
真っ暗

室戸1
中岡慎太郎像も暗闇の中でライトアップされていました
でも ちょっと怖いので早々に高知へ向かいます

セブンデイズ
夜10時 予約した ビジネスホテル『セブンデイズホテル』に到着

そして・・・
屋台1
高知と言えば 屋台

屋台2

屋台3
チャーシューメンと
屋台4
ギョウザを注文

「安兵衛」という屋台ですが
ここのギョウザは滅茶苦茶美味しいのですが・・・
以前は ラーメンがいまいちでした

ところが 今回のチャーシューメンは抜群に美味しくなっていました

と 満足したところで 1日目終了
スレッドテーマ:国内旅行 ジャンル:旅行
│posted at 07:31:04│ コメント 1件トラックバック 0件
2012.12.27(木)

白き イノシシの 滝

標識

山に雪が見えるので もしやと思い 白猪の滝へ GO!

白猪
車を 東温市の無料駐車場に停めて 歩いて登ることに・・・
片道 30分くらいかかるそうですw

杖置き場
ちょっとした 山道なので 登り口に 杖を用意してくれていました
ここで 1本選んで 登山の お供に

看板1
白猪の滝まで 900m
この 看板の下にラミネートされたモノを発見!!

900
「追いつめた 鶺鴒(せきれい)見えず 渓の景」子規
と 正岡子規の紹介文が・・・

ところで・・・
「鶺鴒(セキレイ)」って何と思い調べてみると・・・
セキレイ
日本各地の平野の川沿いなどで見られる日本固有種
背中は黒く、白い眉斑が目立ち、喉にも小さな白い部分がある
単独か数羽で行動し、ハクセキレイのような大集団にはならない。
主に、大きな川の中流域に生息するが、畑や市街地にも現れることもある

って・・・・
コイツ!!
愛車 CX-5に 毎朝 フン攻撃をしてくる 憎いヤツじゃありませんか!!

まさかの 正岡子規の俳句で ヤツの正体を知ることになるとは・・・

まぁ それはさておき・・・
こんな 案内文が 100メートルおきに設置してありますw
ちょっと 登り道がつづくので 
休み休み その案内文を楽しみにしながら 登っていくことができますw

800
のこり 800メートル

700
のこり 700メートル

600
のこり 600メートル

500
のこり 500メートル

400
のこり 400メートル

300
のこり 300メートル

200
のこり 200メートル

100
のこり 100メートル

雪道
いよいよ 滝に近づくと・・・
ツルツル 滑る 山道に・・・
杖大活躍ですw

子規 漱石
そして ついに・・・

滝1
白猪の滝に到着!!

滝2
半分くらい 凍っていますw
久々の「ペイ百景」に認定

近くにはこんな 看板が
滝看板し
滝につららが出来ているので、
滝壺には入ると危険ですw

この景色は 寒い冬場しか見ることができません・・・

寒いですが・・・
体に良い マイナスイオンを感じることができ、
心も体もリフレッシュできますよ!!


スレッドテーマ:日帰りお出かけ ジャンル:旅行
│posted at 01:54:12│ コメント 0件トラックバック 0件
2012.12.21(金)

グルメと渓谷 満喫プラン

2012年12月21日(金)
妖怪を堪能した後は お待ちかねのグルメ

祖谷そば
祖谷そば
手打ちで作っているのでしょうか・・・
太い麺と 細い面が混在していますw

そして・・・
さかな
囲炉裏で焼いてもらった 川魚(あゆ・あめご)
「あめご」とは 東日本で「ヤマメ」 西日本では「アマゴ」のことで
阿波弁だそうですw

さかな
こちら 赤い点々があるのが 「あめご」

さかな
そして こちらが「あゆ」です

この 焼き魚が 抜群にうまい!!!
ほとんど 残すことなく 全部食べることができました


食事を満喫したあとは・・・
たぬき
渓谷の満喫ですww

小僧
小便小僧の像
かつて地元の子供達や旅人が度胸試しをしたという逸話をもとに作られたそうですw

ガードレールから手を出して撮影するだけでも
カメラを落としてしまいそうな 気持ちになってしまいますw

そんな こんなで 祖谷・大歩危・小歩危満喫ツアー無事終了


と行きたいところですが・・・
この 小便小僧の後 クネクネの山道を通ったため、
赤×三×坂くん 車酔いでダウン

2012年12月21日(金)「世界のおわりの日」に
一足先に 本日が終ってしまいそうな 赤×三×坂くんでございました(合掌)
スレッドテーマ:日帰りお出かけ ジャンル:旅行
│posted at 22:41:35│ コメント 1件トラックバック 0件
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。