スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2013.04.25(木)

『いやげ物』を探しに・・・

『いやげ物』
ってご存知でしょうか?

「ゆるキャラ」の名付け親 「みうらじゅん」氏が
新たに仕掛けている企画

じゅん

誰しも「旅行や観光のお土産に」と、
趣味の悪い置物やキーホルダーのお土産をもらった経験が・・・

一体誰が買うんだろう?
捨てるに捨てられないし、部屋に置いたら自分のセンスを疑われる…

そんな土産物に光をあてたのが イラストレーターのみうらじゅん氏

土産物ってそもそも喜ばれるのが前提なのに、
もらいたくない…そんな土産物を
「嫌+土産物=いやげ物」と名付けた


ひょうたんで作られた人形・・・「ひょうたん君の世界」
金色のプラスチックで作られたお城・・・「金プラの世界」
ゴムベビ・・・「ゴムヘビの世界」
カスのようなハガキ・・・「カスハガの世界」
(観光地が張り切って売ろうと10枚セットにしたけれど、名所が10個もなかった地域に起こりがちないやげ物)
などなど 
一つひとつは「何と言うセンス」といういやげ物が、
的確に名付けられたカテゴリーにはまり陳列されると、
突然キラキラと輝きだす。

まるで「ぼくたち、居場所を見つけたよ!」と語りかけてくるように・・・


 「プラスの名前をつけるとそれ以上の価値にはならないが、
 マイナスのネーミングをつけることで価値観は裏返ることもある」
 


と みうらじゅん氏は語る・・・



こんぺいとう探偵局の中を探してみると・・・
江の島
こんなんありました
昨年 CX-5で 東京までの旅の途中 立ち寄った江の島で購入した
名付けて「貝のランプの世界」
これって 自分の思い出としては良いですが・・・
人からもらったら どうしようもない「いやげ物」ですね・・・



しかし 現在、観光地でお土産物屋は減っており・・・
さらに 売れないものは作らないという 効率化された世の中
「いやげ物」を購入するのが難しい状況だそうで・・・

「店の奥のショーケースの中でホコリをかぶっているような人形があれば、買い」だそうですw


今度 観光地へ旅行したときは 
「いやげ物」を探してみようと思ひますw




スポンサーサイト
│posted at 00:43:12│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。