スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2013.04.30(火)

水戸黄門

ひかえ~ぃ
ひかえ ごろぉ~
この 紋所が目にはいらぬか!?
黄門
といえば 水戸黄門ですが・・・
黄門様と言えば やっぱり西村晃ですね
※石坂浩二や 里見浩太朗の 黄門様は いつまでたっても見慣れません・・・

そんな 黄門様は、助さん、角さんを連れて全国を旅したというのは
フィクション(つまりウソ)だそうで・・・
水戸光圀が関東を出たという記録は無いそうですw
 
では、なぜ、このような噂が出回ったのでしょうか?
その 不思議なミステリーを解き明かしていきますw



実は戦国時代に活躍した二人の武将が美女を争う話からこの話が生まれたようで・・・


戦国時代 水戸を治めていた武将は
佐竹
佐竹義宣(さたけよしのぶ)

佐竹は非常に女性が好きで関東の美女全員を水戸に集め、
気に入った美女を側室にしたそう・・・

当時、水戸は美女が多く男性のあこがれの場所だったそうですw


それを苦々しく思っていた人物は 女性好き武将徳川家康
家康
家康は何とかして美人の集まる水戸を手に入れたいと思っていました


そんな折 あの天下分け目の「関ヶ原の戦い」が起こります

結果は、徳川家康率いる東軍の勝利
関ヶ原の戦いのときに佐竹義宣は 東軍にも西軍にも入ることなく、中立の立場に・・・

家康はそこに目を付けます
「東軍に入らなかったのは、裏で西軍の糸を引いていたのではないか」
という言いがかりを付け、東北に佐竹を所替えしてしまいます

そして家康は水戸を手に入れ、意気揚々と水戸に乗り込みますw
しかし、そこには美人は全くいませんでした・・・

佐竹が東北まで美人を全員連れて行ってしまったそうですw

怒った家康は、佐竹に水戸に若い働き手となる女性を送るように命じます
東北に所替えにあった佐竹も腹が立っていたので、
その命令に対し器量の良くない女性ばかりを選んで水戸に送ったそうですw

家康はここまでやっても美女が手に入らないので、ようやく水戸の美女はあきらめることに

佐竹が所替えになった場所は 現在でも美人の多い地として有名な秋田県
モデルの佐々木希も秋田県出身
佐々木

逆に水戸は器量の良くない女性が多い場所として知られることになったとか・・・


その後、水戸を治めた徳川光圀は水戸に美人がいないことを嘆いて、
美人を探しに旅に行きたいということを周囲に漏らしたことがあった。

側近は、光圀が美人探しに行きたいということを他の人に言うこともできず、
光圀が世直しに行きたいと言っていると話を変えて話した。

この話が広まって、水戸黄門世直し旅となったそうですw


ちなみに・・・
水戸市のある 茨城県出身の有名人
たくさんいる中で 一部をご紹介

千手
この人や

白鳥
この人や

ちょうさん
この人まで・・・

なんとなく 歴史的なものを・・・(毒)
スポンサーサイト
スレッドテーマ:日記・雑記 ジャンル:ゲーム
│posted at 16:07:36│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。