スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2013.07.19(金)

静脈と動脈のあいだ

先日 ご案内したように
本日 7月19日(金)

夜景1

日本高血圧学会による 
松山の夜のライトアップイベントが行われておりました

夜景2

静脈をイメージして 青くライトアップされた 松山城

夜景3

動脈をイメージして 赤く光輝く くるりん


印象としては・・・
くるりん の赤い光が強くて 少し怖かったですw
松山城の 青い光は 幽玄といった雰囲気



そんな 夜のライトアップイベントが行われている 松山とは裏腹に
アメリカ 中西部ミシガン州 デトロイト市は
7月18日 破産法の適用を申請したそう・・・

財政破綻直前では、街頭の灯りを点ける財源がなく
夜は真っ暗な状態
アメリカで最も治安が悪い地域だったそうです

デトロイトの街・・・
「アメリカ一の車の街」と呼ばれたデトロイトは自動車産業の中心地として、
1950年ごろにピークを迎えましたが少しずつ衰退がはじまり、
貧富の差の拡大

当時アメリカの中でも黒人の比率が高い街で
人種差別への抵抗などから1967年に黒人暴動が起き、治安が悪化
白人富裕層が市外へ脱出していきました

追い打ちをかけるように1970年代からガソリンの高騰と
性能のよい日本車の台頭によって自動車産業は急速に衰退

ピーク時の1950年には200万人近い人口だったのが、
現在は70万人に減っているそうです


松山市の人口は 現在約50万人
ほぼ 同規模のふたつの都市

ライトアップのイベントしている都市と
財政破綻して 真っ暗な夜をむかえる都市

そんなことを考える夜となりましたm(--)zzz
スポンサーサイト
│posted at 23:59:06│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。