スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2013.07.31(水)

ひこうき雲

風

ジブリ映画『風立ちぬ』に行きました

堀辰雄の中編小説
作者本人の体験をもとに執筆された堀辰雄の代表的作品

堀辰雄の 『風立ちぬ』 は 自身の体験をもとに、
婚約者の女性の病床に寄り添い やがて先立たれて行く主人公が
「生の意味と幸福の証」を模索する姿を描くという あらすじの恋物語

監督の宮崎駿は
「あくまでも大人向けの作品」
という触れ込み

実際に 鑑賞すると
今までの ジブリ映画のイメージはなく
頭の中を切り替えて臨んだ方が良い作品でした


世の中の反応も 賛否両論
ジブリ作品ということで 子供を連れた親子連れは、
上映中に子供たちが映画に飽きて館内を
走り回るという事態も・・・


ところで・・・
この『風立ちぬ』のポスターのパクリ疑惑が 
ネット上で賑わしているようで・・・

ノブ子

風

たしかに・・・
スポンサーサイト
│posted at 19:11:56│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。