スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2013.08.09(金)

行ってみたいな メガネの国

先日 NHKで『好きだモノ』 って面白い番組をやってました・・・
内容は 眼鏡👓の特集・・・

局長も 近眼なので 普段はコンタクト
家では メガネ生活をしておりますw

普段 何気なく使っている メガネですが
調べてみると 奥が深いので 調査してみますw



【リムの形状】
メガネのレンズを固定する枠のことを「リム」と呼ぶそうで・・・


『フルリム』
フルリム
レンズがリムに全周覆われたタイプをフルリムと言いますw
一般的なメガネでよく見るタイプ


『ハーフリム』
ハーフリム
レンズ下側のリムがないタイプをハーフリムと言いますw
ナイロールとも呼ばれているそうで・・・
リムの無いレンズ部に溝を設け、そこに糸を通してレンズをつけている状態

一昔前までは おじいちゃんが掛けてる印象のメガネ
今は「逆に」という感じで ファッションで掛ける若い人も


『アンダーリム』
アンダーリム
アンダーリムは、ハーフリムとは逆に、レンズ上側のリムを無くしたタイプ
逆ナイロールとも呼ばれているみたいですw

割と個性的な形状なので 掛けこなせるかがポイント


『ツーポイント』
ツーポイント
リムの無いフレームで、レンズ面に穴を開けて ネジで直接固定するタイプ
リムが無いので 視界が広がるという 長所があるのですが・・・
レンズが破損しやすいという ウィークポイントも・・・


ここまでは レンズを固定する「リム」での分類
自分のお気に入りの 「リム」はありましたか?




【レンズの形状】
メガネを選ぶ時の 重要なポイント レンズの形状
こちらも 色んな種類がありました・・・


『オーバル』
オーバル
横長の楕円形タイプ
メガネの定番の形状ですw
クセがないので 誰にでも似合う形


『ボストン』
ボストン
逆三角形の形をしたタイプ
アメリカの「ボストン」で流行したことから
こう呼ばれているそうw

日本でも昔からある定番タイプの一つ
とてもレトロな感じですw


『ラウンド』
ラウンド
円形タイプで、アメリカの喜劇役者ハロルド・ロイド

ロイド
よく掛けていたことから、
ロイド型」とも呼ばれているそうですw

円形といっても、実際は少しだけ横長の楕円につくってあるみたい

紺
日本でも 大村昆が掛けていた印象が強い・・・
共通するのは 喜劇役者という点
『ラウンド』型は 面白い人ですよをアピールするみたいですw


『スクウェア』
スクウェア
横長の長方形のタイプ
とても知的な印象を受けますw
それでいてカジュアルにも着用できるので 普段使いしやすい形状 



『フォックス』
フォックス
キツネのような、つり目タイプ
ドラマに出てくる 「教育ママ」って 
なぜか「フォックス」掛けていますね・・・



『ウエリントン』
ウエリントン

丸みを帯びた逆台形タイプ
この形も昔からある定番タイプ
ジョニー・デップが掛けたことで

デップ

大ブレイクしました・・・



『バタフライ』
バタフライ
蝶の羽のような形をしたタイプ
レトロでありながらも華やかな印象
サングラスに良く使われていますw

はまさき
こんな感じ・・・


『ティアドロップ』
ティアドロップ
涙のような形をしたタイプ
バタフライ同様サングラスに良く使われているようですw
元々は飛行機のパイロット用につくられたタイプ

西部
ティアドロップと言えば 西部警察の 大門

これは 時代とオシャレ度がマッチしないと
かなり難しいアイテム



さっそく お気に入りのメガネを探しに・・・
行きたいとおもいますw
スポンサーサイト
│posted at 09:22:36│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。