スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2013.10.22(火)

サロン・ド・テ アンジェリーナ


『サロン・ド・テ アンジェリーナ』
アンジェ パリ
花の都パリ・リヴォリ通り226番地に
その洋菓子店がありますw


その歴史は古く 1870年代までさかのぼります・・・
オーストリア人の菓子職人 アントワーヌ・ランペルマイエが
南仏ニースのヴィクトル・ユーゴー通りに
ウィーンの香り漂うケーキや 砂糖菓子などを製造販売する店を開いたのが始まり

この有名なリゾート地を訪れる世界中のセレブの間で評判になり
彼らの要望に推されるようにして
1903年 パリ・リヴォリ通り226番地に『サロン・ド・テ アンジェリーナ』が開店

パリ

ときはまさに20世紀初頭の良き時代
当時を代表する建築家エドゥアール・ジャン・ ニルマンにより
エレガントで洗練された店内装飾が完成
アンジェ

幅広の帽子を被って優雅にお茶を楽しむ
上流階級の客でにぎわっていたようで・・・

英国王ジョージ五世は専用のグラスまで置くほどごひいきに・・・

作家のマルセル・プルーストや、ココ・シャネルをはじめとする
パリのオートクチュール・ デザイナーたちにも人気のサロン


そんな歴史ある 『サロン・ド・テ アンジェリーナ』の人気のスイーツが
松山でも堪能できるということで・・・
松山三越 地下街へ🐾

アンジェリーナ
『アンジェリーナ』といえば 『栗のモンブラン』だそうで・・・
『モンブラン デミサイズ』を注文w

アンジェリーナ2
あと ホット珈琲も一緒に♨

『モンブラン』の方ですが・・・
甘い外側の栗のクリームの中に フワフワのクリームが入っていて
さらに モンブランの底には 美味しいマカロンでできた土台?
アンジェリーナ3

作り方は パリ本店のレシピをそのまま使用しているということで
ちょっとした 脳内パリ旅行気分を味わえますw


頑張った自分へのご褒美に
お友達への お土産に
ナイス情報提供の局長に
おひとついかがでしょうか?
スポンサーサイト
スレッドテーマ:スイーツ ジャンル:グルメ
│posted at 22:11:17│ コメント 2件トラックバック 0件
≫コメント 
甘い情報ありがと~ちなみにそのモンブランのお値段はいかほど…?値段の事を聞くのはやらしいかしら~(笑)
元祖天才もこボン│URL│posted at 2013-10-23(Wed)01:28│編集
モンブランは デミサイズという少し小さ目サイズで 480円くらいですw
局長 こんぺいとう35│URL│posted at 2013-10-24(Thu)00:36│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。